[論文紹介] CSCW’17 Is Danmaku an Effective Way?

[論文紹介] CSCW’17 Is Danmaku an Effective Way?

Yan Tang, Yibing Gong, Li Xu, Qingheng Zhang, Huaxin Liu, Sheng Wang, Qian Wang, Xiaofeng Gao: Is Danmaku an Effective Way for Promoting Event based Social Network?, Proc. of Companion of the 2017 ACM Conference on Computer Supported Cooperative Work and Social Computing (CSCW’17), pp. 319-322, 2017.

実世界のイベント会場に巨大なスクリーンを持ち込み,そのイベントに参加している人がつぶやきを投稿することで,そのつぶやきが会場のスクリーンに投影されるという仕組みを導入し,個人のイベントへの参加の度合いと,イベントの盛り上がりを定量化できるかどうかを試みた研究.TF-IDFからキーワードの重要度を求め,ユーザごとにイベントへの参加度合いを,ユーザのつぶやき中のキーワードの重要度から計算している.全ユーザのユーザ参加度の総和が,イベントの盛り上がりと一致していたかどうかを議論している.
日本の学会ではよく見られた仕組みではあるが,海外では事例がほとんどなく,それ故このような試みが論文になったのだと思われる.キーワードの重要度の算出方法や個人のイベントへの参加度の妥当性の検証などは,まだ未熟な感じ.研究としてはまだ始まったばかりに過ぎないが,仮想世界の情報を示すことで実世界のイベントがさらに盛り上がるのかどうか,人の参加意欲を刺激するのかなど,多くの研究テーマについて議論を呼び起こすという点で,採択されたものと思われる.

[論文PDF]