三輪さんと土田さんが電子情報通信学会HCS研究会で研究発表しました (2022.8.27)

三輪さんと土田さんが電子情報通信学会HCS研究会で研究発表しました (2022.8.27)

土方研究室4年生の三輪玲佳さんと土田愛佳さんが,2022年8月26-27日にハイブリッド(現地会場:関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパス)で行われた学会「電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎研究会 (HCS研究会)」にて研究発表を行いました.彼女らは,推薦システムに対して,ユーザーがどれだけ過信してしまっているかを,少数の質問項目で測定可能な尺度を開発しました.

631人のユーザーに対して開発した尺度を適用した結果に対して因子分析を行いました.その結果,推薦システムに対する過信は,行動変容傾向を表す因子,意外性反応傾向を表す因子,積極的受容傾向を表す因子で構成されることが分かりました.この結果は,ユーザーがお薦めを過剰に受け入れてしまっている傾向にないかどうかをチェックする自己モニタリングに用いることができるようになると期待されます.

IEICE SIG-HCS 2022-8 white_space IEICE SIG-HCS 2022-8
IEICE SIG-HCS 2022-8 white_space IEICE SIG-HCS 2022-8
※本研究は,日本学術振興会科学研究費補助金 CREST「信頼されるExplorable推薦基盤技術の実現」(課題番号:JPMJCR20D4)の支援を受けて実施されました.また,産業技術総合研究所の濱崎雅弘さんと後藤真孝さんとの共同研究として実施されました.

電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS研究会)
https://www.ieice.org/hcg/hcs/wp/