教育:土方研究室で学ぶこと

soc-ja

こんにちは!土方研究室(メディア心理学研究室)に興味を持ってくださり、ありがとうございます。ここでは土方研究室で学ぶことについて紹介します。

みんなで学ぶ!

土方研究室の教育哲学

「研究室で仲間と協力し合いスキルを高める!」

研究の指導方針

土方研究室の中心の活動は、メディア心理学に関する研究です。最高の教育は、優れた環境で、優れた人たちと、優れた研究テーマが設定されることで実現されると考えています。そこで、一人ずつ国際競争力のある研究テーマを設定します。また、少人数で密度の濃い指導を行います。優れた研究テーマはその人を大きく成長させます。それが最高の教育だと考えています。

研究テーマが決まれば、2種間に1回のペースで個別ミーティングを行います。個別ミーティングでは、研究や実験の方針についてきめ細かに指導します。個別ミーティングは、対面で実施します。方針に納得しているかどうかや、研究にワクワクしているかどうかなどを確認しつつ、それぞれの学生に合ったやり方で進めていきます。

あなたの感性を生かす!

データサイエンティスト育成プログラム

「メディアとユーザ心理に精通したデータサイエンティスト!」

特にソーシャルメディアやメタバース空間において、ユーザーの心理特性オンライン行動を、いかにして取得・分析するかを学びます。そして、ユーザーを良い生活習慣や社会規範を持ってもらうための行動変容を促すサービスデザインを行います。

土方ゼミでは様々なことを学びますが、その学びには1つの共通する特徴があります。それは、

「実習・演習形式で、手を動かして学ぶ!」ということです。

ゼミ生みんなで集まって、頭を動かすよりも、手や体を動かして、経験に基づく学びをしてもらおうと思います。

土方ゼミの教育の骨子は以下の3つになります。

1. 研究課題の発見・解決能力

1つ目は、その人が社会を変えていく力を備えることができるようにします。社会を変えていくには、社会全体に存在する問題や課題を見つける能力が必要です。それは、社会科学の研究分野における研究課題を発見する能力に他なりません。研究課題を発見するためには、基礎となる学問分野(土方研究室では社会情報学と社会心理学)において、これまで何が理論として確立されてきて、そしてこれまでどのような研究が行われてきたのかを知る必要があります。この能力をつけるために、以下の2つの演習を取り組みます。

社会心理学教科書輪読:メディア心理学の基礎となる社会心理学の理論について学び、より一般的で汎用的な問題に帰着させるスキルを身に着けます。

メディア心理学論文輪講:メディア心理学の最新の論文を読み、まだ誰も取り組んだことのない研究テーマを立案できる能力を身に着けます。

2. 人間の行動・心理データの取得能力

2つ目は、人の行動心理データの取得する能力を学びます。我々は、ソーシャルメディアや推薦システムにおける人の行動や心理を分析します。分析するためには、そもそも行動や心理に関するデータを取得(計測)しないといけません。また、推薦システムを動かすためには、ユーザの興味や嗜好の情報を取得しないといけません。土方研究室では、人の心理や行動データを取得する方法を実験や演習を通じて学びます。

メディア心理学実験(研究演習2):人の心理の最も基本である性格(パーソナリティ)を尋ねる方法と、そのデータの応用を学びます。この実験は、社会情報科学部の研究演習2という授業の中で行います。

社会心理調査研修:人の心理状態や意見を定量的に獲得するためのアンケート作成の基本を学びます。実習形式で取り組むことで、科学研究やマーケティングで使えるスキルを身に着けます。

3. データ分析・システム開発能力

3つ目は、取得したユーザーの行動データや心理データを分析する能力と、行動変容を促すためのサービスやアプリケーションを実装するシステム開発能力です。これらは研究を通じて、身に着けていきます。

データ分析(Python, R):社会情報科学部で学んできたPythonに加えて、より手軽に使えて、なおかつ高度な分析も行えるRも学ぶことができます。Pythonが苦手な方も大丈夫!土方研究室秘伝のノートにより、さくさくデータ分析ができるようになります!

Webアプリ開発(HTML/CSS・PHP・JavaScript・Django):オンラインで心理学実験を行う場合は、実験用のシステムを開発する必要があります。実験用とはいえ、センスの良いデザインにしたいものです。当研究室指定の教科書で、誰でも、かわいくておしゃれなWebアプリを作成できるようになります。

研究者としてのスキルをつける!

教育プログラム詳細

記事URLをコピーしました