[論文紹介] ICWSM’19 Engagement on Filter and Content of Photograph in Flickr

[論文紹介] ICWSM’19 Engagement on Filter and Content of Photograph in Flickr

Saeideh Bakhshi, Lyndon Kennedy, Eric Gilbert, David A. Shamma: Filtered Food and Nofilter Landscapes in Online Photography:The Role of Content and Visual Effects in Photo Engagement, Proc. of the 13th International AAAI Conference on Web and Social Media (ICWSM 2019), 2019.

Flickrにおいて,どのような画像が高いエンゲージメント(閲覧数,コメント数,いいね!数)を獲得しているかを調査している.特にフィルター加工がされているかどうかと,撮影対象物の種類(食べ物,自然,アウトドア,人)の組み合わせにより,エンゲージメントが高くなるかどうかを調査している.
2015年11月のFlickrの投稿データ490万を集めている.Flickrでは,フィルター加工がされていれば,その加工に対応するタグが自動で付与され,また撮影対象物もFlickrのAIにより推定され自動でタグが付与される.このタグにはその推定される正しさも数値で付加されるため,高い信頼性を持つタグ(判定結果)のみを分析対象にしている.
分析の結果,フィルター加工されている写真はされていない写真よりもエンゲージメントが高いこと,食べ物やアウトドア,人が対象物の場合もエンゲージメントが高いこと,食べ物と人に対しては,フィルター加工されている場合にエンゲージメントが高いことを発見している.

[論文PDF]